ベッドの高さからベッドを選ぶ

ベッドの高さを考える時、ベッドのフレーム下をどのように使用するかが大きなポイントとなります。

すのこベッド

一般的な脚付きベッドは、その名の通りフレームを支える脚が4本付いているベッドですが、その形状も種類が多く、高さも様々です。

すのこベッドは通気性も良く、ベッド下を収納に利用することも可能です。

マットレスの下(フレームの上部分)から床までの高さは20cm~50cm程度ありますが、ここでチェックしたいのがフレーム下から床までの高さです。

ベッドによってフレーム下から床までの高さは5cm~50cm程度のものまで様々ですが、ベッド下の収納を考慮するのであれば、25cm以上は欲しいもの。

一般的なプラスティックの収納ケースの高さは22cm程度のため、25cmあればベッド下に収納ケースを置くことが可能となります。

一方、収納には困っていないという方は、床からマットレスの上部までの高さをチェックして、ベッドに腰掛けた時の自分にあった高さのベッドを探せば良いでしょう。

 すのこベッドの一覧はこちらから

 

フロアベッド

フロアベッドは、床にベッドを直接置いたような形状のベッドを言います。

床に低くベッドを置くため、部屋の空間を広く感じることができるのと、床までの高さが低いため、小さな子供がベッドから床に転げ落ちても、通常のベッドよりはリスクが少なくて済むのが良い点です。

また、フレームに使用する材料が少なくてすむため、比較的に低価格で手に入るのも人気の理由です。

このように人気のフロアベッドですが、良い点ばかりではありません。

脚がなく、床に直接設置する形状のため、どうしても通気性が悪くなり、湿気とカビに注意が必要です。また、床からの高さが低いため、ホコリが気になるという方もいらっしゃいます。

そのような場合は、湿気・カビ対策には除湿シートの利用や、ホコリ対策にはカーペットを敷くなどにより改善することができます。

 フロアベッドの一覧はこちらから

 

ローベッド

ローベッド、ボーナ

ローベッドは、フロアベッドの次に高さの低いベッドです。

フロアベッドは床に直にベッドを置いた形状ですが、ローベッドはお掃除ロボットが入る程度の短い脚付きのベッドです。

高さが低いため狭いお部屋にベッドを置くと、空間が広く感じるメリットがあります。また、フロアベッドと異なりベッド下には空間があり、通気性も確保されているため湿気対策も安心です。

低いベッドで通気性も確保したいという方におすすめのベッドです。

 ローベッドの一覧はこちらから

 

ロフトベッド

ロフトベッドは狭い部屋でもベッド下の空間を有効に使用することができることから、一人暮らしの部屋や、子供部屋に使用することが多いです。ロフトベッドの素材は木製のものとパイプ製のものがあり、パイプ製のものにはハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプと高さを変えることができるものもあます。

木製のロフトベッドは、パイプ製と異なり、木のぬくもりを感じることができることから、お部屋のインテリアとのコーディネイトから木製を使用される方もあるようです。

 

ハイタイプ

ロフトベッド、ハイタイプ

ハイタイプは、床下が135cm以上あるため、机を置いて勉強スペースとして利用したり、ソファを置いてくつろぎスペースとして利用でき、さらには、収納ケースやハンガー掛けを設置し床下全体を収納スペースとして使用することも可能です。

また、カーテンを使用すれば床下全体を目隠しすることもできます。

ただし、ハイタイプはベッドまでの高さが170cm以上あるため、小さな子供にとってはベッドへの上り下りに不安を感じるかもしれません。

また、上り下りをする際のベッドのぐらつきと軋み音が気になることがあるかもしれません。

 

ミドルタイプ

パハリート、ミドルタイプ

ミドルタイプは、ベッドまでが100cm~120cm程度のため、小さな子供にとってベッドへの上り下りの負担はハイタイプと比べて少ないと言えます。

また、ベッド上の掃除などのメンテナンスも簡単にでき、バランスの取れた高さと言えます。

残念な点は、床下の高さは80cm程度となるため、床下の利用方法が収納スペースに限られてしまうことでしょうか。

それでも、通常のベッドと比べると収納ケースは2段以上設置できそうですから、大きな収納スペースと言えますね。

 

ロータイプ

ロフトベッド、ロータイプ

ロータイプは、通常のパイプベッドと同じ50cm程度の高さのベッドであり、床下は収納スペースとして利用可能です。

脚を取り替えることができるベッドであれば、気分によっては脚を継ぎ足し、ミドルタイプ、ハイタイプへと変更することができます。

 ロフトベッドの一覧はこちらから

 

2段ベッド

2段ベッドは1台分のベッドのスペースに上下2台のベッドを置けるため、お部屋の空間を有効に利用することができる省ペースベッドです。

上の段の床までの高さは130cm程度のものが多く、お子さんの階段の上り降りもロフトベッドのハイタイプと比べると負担は少ないと思います。

材質は木製のものが多いですが、中にはスチール製のものもあります。木製の2段ベッドはベッドを支える支柱もしっかりした作りのものが多いため、安心して利用できる反面、支柱が太い分スチール製よりは圧迫感があり、お部屋を少しでも広く利用したいという場合は、スチール製を検討する方が良いでしょう。

2段ベッドで気をつけることは、上下のベッドで寝心地が異なることです。下のベッドは、すぐに寝ることができる反面、寝転んだ時に上のベッドの床が視線に入り圧迫感を感じるかもしれません。また、上のベッドで寝返りを打ったりして動いた際には、上から落ちてくるホコリの量も多くなります。

兄弟でどちらが上下のベッドに寝るか、スムーズに決めることができずに寝る場所で兄弟喧嘩になることも考えられます。2段ベッドは基本的に上下にベッドを2段に設置するものですが、上下のベッドを分離して、横に並べておくことができるタイプのものもありますので、子供部屋のスペースに余裕があるのであれば、床に2台のベッドを並べて置くのもよいかもしれません。

 

 2段ベッドの一覧はこちらから

 

3段ベッド

3段ベッドは1台のベッドのスペースに3台分のベッドを置く3段重ねのベッドです。

3段ベッドには、2段ベッドのさらに上の空間にもう1段ベッドを積み重ねるタイプと、2段ベッドの床下にスライド式のベッドを収納し寝るときに取り出すタイプのものがあります。

3段に上に積み重ねるタイプでは、一番上のベッドの寝床の高さは180cm以上となるため、高いところが好きなお子さん以外のお子さんにはベッドへの上り降りだけでも負担があるかもしれません。

但し3段のベッドはそれぞれ分離することもできるため、スペースがあれば2段ベッドと1段ベッドとして設置することも可能です。

一方、2段ベッドの床下にスライド式のベッドを収納するタイプでは、高さは通常の2段ベッドと同じ程度のため、上のベッドへの上り下りの負担はあまりありませんが、1番下のスライド式のベッドの作りが他の2つのベッドと比べると異なる場合があるため、どのベッドを使用するかで兄弟間でもめる可能性もあります。

一番下のスライド式のベッドの形状が他のベッドと異なる場合は、3人兄弟で使用するというよりは、2人の兄弟が2段ベッドを、お母さんがスライド式のベッドを使用するケースが良いかもしれません。

 3段ベッドの一覧はこちらから

 

高さを調節できるベッド

高さを調節できるベッドと聞くと、まず思い浮かべるのがロフトベッドですね。

ハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプと好みによって高さを変えることができるのが特徴です。

しかし、一般的な脚付きタイプのベッドにも高さを調節できるものがあることをご存知でしょうか?

ベッド下に収納ボックスなどを仕舞おうとしたけど、わずか数cmの差で仕舞うことができなかった。というような経験はありませんか?

ロフトベッドのような、派手な高さの変化はありませんが、ベッド下の空間を好みにあった収納スペースとして利用できるようにベッドの高さを微調整することができます。

収納をお考えの場合は、高さ調節できる機能があるかチェックしてみてください。

 

 高さを調節できるベッドの一覧はこちらから

 

 

ベッドを選ぶに当たって、イメージから選びたいという方は下記からベッドを選ぶ方法もあります。

 

厳選ベッド、人気の秘密!

テキストのコピーはできません。