長さからのベッド選び

ベッドを長さから選ぶ方法をご紹介いたします。

ショート丈ガーリーベッド「オハナ」

・狭い部屋にベッドを置きたいけれど、スペースに限りがあるので丁度良い長さのベッドが欲しい。
・身長が低いので通常サイズのベッドでは、無駄なスペースが大きい。
・背が高いので、通常サイズのベッドでは、足が出てしまう。

など、ベッドを長さから選ぶ理由は様々です。

ベッドを長さから選ぶ場合は、ベッドの長さを構成する要素を知った上で、ご自分に合った長さのベッドを選ぶのが大切です。

 

ベッドの長さを構成する要素

viola

ベッドの長さは、大きく捉えると「マットレスの長さ」+「ヘッドボードの厚み」の組合せで決まります。(フレーム板の厚みやフットボードの厚みは、ここでは無視します。)

それぞれの種類と長さを整理すると、次のようになります。

 

●マットレスの長さ(概算)
・通常サイズ   195cm
・ショートサイズ 180cm
・ロングサイズ  205cm

 

●ヘッドボードの厚み(概算)
・通常ベッドボード   20cm~25cm
・スリムヘッドボード  10cm~15cm
・ヘッドレス(板の厚み)0cm~5cm

 

「マットレス」と「ヘッドボード」の組合せ

「マットレスの長さ」と「ヘッドボードの厚み」を組み合わせた結果、ベッドの長さを長い順に並べると以下の通りとなります。

 

  1. 全長225cm:ロングマットレス205cm+通常ヘッドボード20cm
  2. 全長215cm:通常マットレス195cm+通常ヘッドボード20cm
  3. 全長205cm:通常マットレス195cm+スリムヘッドボード10cm
  4. 全長200cm:通常マットレス195cm+ヘッドレス5cm
  5. 全長195cm:ショートマットレス180cm+スリムヘッドボード15cm
  6. 全長185cm:ショートマットレス180cm+ヘッドレス5cm

 

これらは、全ての組み合わせではありませんが、良くあるケースの組合せです。

この結果から、省スペースのベッドを選ぶ場合は、ヘッドボードが無いヘッドレスベッド、又は、薄型のスリムヘッドボードのベッドを選ぶと良いことがわかります。

長さに特徴のあるベッドの選び方

ヴァンダーバール

マットレスの長さは約195cmが一般的ですが、身長190センチ以上の方が寝転がるとベッドから脚が出てしまったり、逆に身長の低い小柄な方にとっては、ベッドの足元部分が余って無駄な場所をとることになるかもしれません。

また、子供用のベッドを選ぶ際には、1年で身長が大きく伸びることもあるためショートサイズにするか、一般的なサイズにするか悩むところです。

そこでそのような長身の方や、身長の低い方、成長著しい子供向けに、

  1. ロングベッド(ロングマットレス205cm)
  2. ショートベッド(ショートマットレス180cm)
  3. 伸縮ベッド(伸縮マットレス150cm~210cm)

といったベッドが用意されています。

ロングベッド(ロングマットレス205cm)

ロングベッドでは、マットレスの長さが205cm前後と一般的なマットレス195cmより10cm程長くなっています。

種類はあまりたくさんありませんが、長身の方もベッドから脚がでることを気にせずにゆっくりと休むことができます。

但し、ベッドフレームも一般的なベッドより長くなっているので部屋の大きさとマッチするか注意が必要です。

ベッドの全長は、ヘッドボードの厚みを合わせると、225cm前後の長さになります。

 ロングベッド・長いベッドの一覧はこちらから

 

ショートベッド(ショートマットレス180cm)

一般的なベッドより長さが短いベッドです。マットレスの長さは180cmと、一般的なマットレス195cmよりも15cm短くなっています。

身長165cm以下の女性や、1K・1Rなどの狭い部屋での一人暮らし、子供部屋にぴったりのベッドです。

省スペースながら収納機能の付いたスリムヘッドボード付ベッドであれば、空間を有効に利用することができます。

ベッドの全長は、ヘッドボードの厚みを合わせると、190~195cm程度の長さになりますが、ショートマットレスのヘッドレスベッドの一つである、脚付きマットレスベッドを選べば、ベッドフレームの枠が無いためベッドの全長はマットレスの長さである180cmとなります。

 ショートベッドの一覧はこちらから

 

伸縮ベッド

ベッドが伸縮する?あまり耳にしたことが無い方も多いかもしれませんが、その名のとおり、伸び縮みするベッドで、ベッドフレームが150cm~210cm程度まで伸縮できるものもあります。

子供の成長は、目を見張るほど早いもの。1年間で10cm以上背が伸びることもありますから、昨年まで大きさが丁度良かったベッドが、今年は短くなったということもあるかもしれません。

そんな成長著しい子供には伸縮ベッドがぴったりかもしれませんね。

また、狭い部屋にベッドを置きたいけれど、丁度良いサイズがないというケースにも役立つベッドです。150cmから210cmまで10cm刻みで長さを調節できるため、お部屋の隙間に合わせてベッドの長さを調節できます。

全長は、伸縮ベッドを支える支柱の厚みを加えると、160cm~220cmとなります。

 伸縮ベッドの一覧はこちらから

 

まとめ

ベッドの長さを選ぶ場合は、まずは、マットレスの長さと、ヘッドボードの要不要を決めることが大切です。

マットレスの長さは、身長に合わせて決めればよいので簡単ですが、ヘッドボードの有無は慎重に考えて決めましょう。

ヘッドボードには、棚の他、コンセント口や照明が付いたものがあります。ベッドで就寝する際に、あれば便利な機能ですからヘッドボード付きにするかどうかは迷うところです。

お部屋にベッドを置いても広さに余裕がある場合はヘッドボード付きを、一方、狭い部屋ゆえに省スペースが第一の場合はヘッドレスタイプを選ぶのが良いでしょう。

 

 

ベッドを選ぶに当たって、イメージから選びたいという方は下記からベッドを選ぶ方法もあります。

 

テキストのコピーはできません。