横幅サイズからのベッドの選び方

ベッドサイズ

ベッドを選ぶと思った時にまず頭に浮かぶのがサイズでしょう。

自分の体の大きさにあったベッド選びは基本中の基本ですが、ベッドのサイズには、横幅、長さ、高さの3つの要素があり、それぞれの要素がベッド選びの大きなポイントとなります。

まずは、ベッドの横幅サイズからの分類を見てみましょう。

 

ベッドの横幅サイズ

ベッドの横幅サイズ

ベッドの横幅サイズの名称は、ベッドのことは詳しくはないという方でもなんとなくイメージができていると思います。

シングル、セミシングル、ダブル等、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ベッドに置くマットレスサイズとその横幅サイズについて、一般的なサイズは、

  1. セミシングル 約80~90cm
  2. シングル   約100cm
  3. セミダブル  約120cm
  4. ダブル    約140cm

が基本の大きさです。

一般的なベッドの長さは、どのサイズも共通の約195cmでですが、横幅は1サイズ上がる毎に約20cmずつ大きくなっています。

そしてさらに、ダブルよりもっと広いサイズを好む方向けには①セミシングルと②シングルを連結させた、

  1. クイーン 約160cm(セミシングル+セミシングル)
  2. キング  約180cm(シングル+セミシングル)

を用意しているものもあります。

こちらは、単体の大きさではなく2つのベッドを並べたものであり、ベッドが離れないように連結器具で止めるように工夫されているベッドもあります。

ベッドを横幅サイズから選ぶ際に注意したい点は、「夫婦用のベッドだからダブル」というように単純に決め付けないことが重要です。

 

夫婦用ベッド

夫婦用並べて置けるベッド

例えば、夫婦用のベッドとしては、ダブルサイズももちろん候補ではありますが、2台のベッドを並べることにより幅広ベッドを実現することができます。

・シングル(100cm)+シングル(100cm)=200cm
・セミシングル(80cm)+シングル(100cm)=180cm
・セミシングル(80cm)+セミダブル(120cm)=200cm

このように、夫婦別々のベッドを購入し2台並べて寝ることにより、横幅サイズを自由に変えることができます。

また、一人用のベッドだからシングルと思っても、体格の良い方はセミダブルの方がゆったりと寝ることができるかもしれませんし、逆に、細身の女性であれば、セミシングルで十分な方も居られるでしょう。

セミシングルであれば、シングルよりも約10~20cmの幅の空間の余裕が生まれてきますから、お部屋が広く使えるということになります。

 

ステージタイプベッド

ステージタイプベッド

ステージタイプベッドは、ベッドフレームより1サイズ小さいマットレスを置くことにより、マットレスの周辺にフレームの余裕部分が生まれます。その余裕部分をテーブル代わりに利用しようという人気のタイプです。

例えば、セミダブルフレーム(120cm)にシングルマットレス(100cm)を設置すると、次のような余裕部分が生まれます。

マットレスをフレームの端に合わせて置いた場合に、反対側に生まれる余裕部分は、

120cm-100cm=20cm

となり、20cm幅の余裕部分が生まれます。これだけの幅があれば、コーヒーカップを置くなどのテーブル代わりに使用できます。

ステージタイプ

一方、マットレスをフレームの中央に置いた場合、マットレス周辺に生まれる余裕部分は、

(120cm-100cm)÷2=10cm

となり、マットレスの両側に10cm幅の余裕部分が生まれます。本や小物を置くことができます。

このように、ベッドフレームとマットレスを組み合わせることによりマットレスの周辺に新たなスペースが生まれるため、ベッド上での読書や音楽鑑賞などベッドライフを楽しみたい方にはおすすめのベッドです。

 ステージタイプベッド一覧

 

 

ベッドを選ぶに当たって、イメージから選びたいという方は下記からベッドを選ぶ方法もあります。

 

厳選ベッド、人気の秘密!

テキストのコピーはできません。