収納方法からのベッド選び

お部屋の収納は工夫次第ですが、特に大きな場所をとるベッドについては、収納の工夫を取り入れたいものです。ベッドを利用した収納方法は、大きく次の3つのパターンに分けることができます。

  1. 引き出し収納
  2. 跳ね上げ収納
  3. ベッド下収納

基本的には、全てベッドの下部分を収納スペースとして利用しますが、収納スペースへの出し入れの仕方や収納量が異なります。

 

引き出し収納

ベッド下に引き出しを付けることにより、収納スペースを作り出したものです。引き出しの数によって、
・2杯の引き出し付き(引き出し収納ベッド)
・5杯の引き出し付き(チェストベッド)
に分けることができます。

 

2杯の引き出し付き「引き出し収納ベッド」

引き出し収納タイプ

通常の脚付きベッドのベッド下に、2杯の引き出しを付けたベッドです。ベッド下の引き出しに、すぐに取り出せる小物類を仕舞っておきたいという方におすすめのベッドです。

2杯の引き出し収納ベッドは、
①シンプルな引き出し収納ベッド
②BOX構造の引き出し収納ベッド
に分かれます。

 

①シンプルな引き出し収納ベッド

シンプルな引き出し収納ベッド

引き出しはベッドの半分程度の奥行きで、引き出しの奥側は空洞状態のため荷物を収納することができますが、出し入れするには、引き出しの反対側に回るか、ベッドフレームを取り外して出し入れするかの選択となります。

注意すべき点は、このタイプのベッドの引き出しは、単にキャスター付きの引き出しを収めているだけのため、引き出しにホコリが入りやすい、引き出しの出し入れの動きが固定されていないためキャスターの動きに左右されやすい、という点があります。

ベッドの外観は、引き出し側から見るとベッドフレームの下に引き出しが綺麗に納まっていますが、引き出しの反対側からみると、ベッド下が空洞状態のままとなっているタイプのものが多いため、ベッドをお部屋の中央に置く場合は注意が必要です。

シンプルな引き出し収納ベッドの一覧はこちらから

 

②BOX構造の引き出し収納ベッド

BOX構造

BOX構造の引き出し収納ベッドは、引き出しを板で囲った形状のため、引き出しにホコリが入りにくいメリットがあります。また、引き出しの出し入れもレールで固定されているため、動きもスムーズです。

ベッドの外観は、引き出しの反対側もベッドフレームと同じデザインの板で囲われているため、ベッドをお部屋の真ん中においても問題はありません。

2杯の引き出し収納ベッドを選ぶ際には、「シンプルな引き出し収納ベッド」か、「BOX構造の引き出し収納ベッド」かを確かめた上で、購入することをおすすめします。

BOX構造の引き出し収納ベッドの一覧はこちらから

 

5杯の引き出し付き「チェストベッド」

チェストベッド

引き出し付きベッドには、5杯の大小の引き出しが付いたチェストベッドがあります。

ベッドの中央には、大きな引き出しが一つ、その両側には2段になった浅型引き出しが2つずつ付いているものが一般的で、合計5つの大小の引き出しを利用して、衣類や下着類、鞄や雑誌など、様々なものを整理分類して収納することができます。

引き出しの奥側は、長いものも収納できる長物収納スペースとなっており、日頃使わない大型荷物も収納することができます。

チェストベッドの引き出しは、周囲を板で囲ったBOX構造のものがほとんどで、ホコリが入りにくいというメリットがあります。

ベッドの外観も、2杯の引き出し収納ベッドと異なり、ベッドの両側から見てもベッド下の収納スペースは見えないため、綺麗な外観となっています。

チェストベッドの注意点は、引き出しの数が多い大容量収納ベッドのため、一般的はすのこベッドなどと比べると、ベッドの寝床の高さが高くなっていることです。狭い部屋などに置いた場合、ベッドの圧迫感を通常以上に大きく感じるかもしれません。

5杯の引き出し付き、チェストベッドの一覧はこちらから

 

跳ね上げ収納

跳ね上げ収納ベッド

跳ね上げベッドは、マットレス部分を大きく上に跳ね上げて、大きく開いたベッド下部分に収納するというものです。

跳ね上げる向きとして、縦型と横型があり、ガス圧を利用して軽く跳ね上げれるようにしているため、女性でも車のボンネット感覚で簡単に跳ね上げることができます。

跳ね上げベッドは、収納ベッドの中でも大容量収納のベッドであり、大小の荷物をまとめて収納するのに便利なベッドです。

ベッド下がまるまる収納スペースのため、大型スーツケースや季節家電などもそっくり収納することができます。

引き出し収納ベッドは引き出しを引き出すスペースが必要となりますが、跳ね上げベッドはそのような余分なスペースを必要としないため、狭い部屋で収納スペースを確保したい方におすすめのベッドです。

跳ね上げ収納ベッドの一覧はこちらから

 

ベッド下収納(すのこ、パイプ)

シャロット

すのこベッドやパイプベッドなどのフレーム下に余裕スペースがあるベッドで、ベッド下に収納スペースを確保しようというものです。

収納ケースの高さ以上のフレーム下の高さが必要なため、ベッドを選ぶ際には、フレーム下から床までの高さが十分あるかどうかチェックすることが重要です。

ベッド下が空洞状態のため出し入れがしやすく、通気性もあるため湿気対策にはおすすめのタイプです。

難点は、ホコリが溜まりやすいことと、囲いがないため荷物の置き方に注意が必要なこと、見た目が雑然としていることです。

シンプルな形状のベッドが多いため軽量で移動も簡単です。お洒落な収納BOXを利用してお部屋のレイアウトを楽しみたいという方におすすめのベッドです。

すのこベッドの一覧はこちらから

パイプベッドの一覧はこちらから

 

ベッド下収納(ロフトベッド)

ロフトベッド

ベッド下を収納スペースとして利用する方法として、最大の収納量を誇るのがロフトベッドです。

ベッド下の面積にベッドの高さを掛け合わせた空間は、まさしくクローゼット以上の収納量を作り出します。

収納スペースの利用方法も自由自在で、収納ボックスを積み上げたり、洋服やコートを吊るしたりと、工夫次第で自分に合った収納方法を選ぶことができます。

収納スペースをカーテンで囲えば、ホコリの侵入を防ぐことができ、目隠しにもなります。

ベッド下の空間を最大限に利用したいという、一人暮らしや狭い部屋暮らしの方におすすめのベッドです。

ロフトベッドの一覧はこちらから

 

 

ベッドを選ぶに当たって、イメージから選びたいという方は下記からベッドを選ぶ方法もあります。

 

厳選ベッド、人気の秘密!

テキストのコピーはできません。