「アバカベッド」一覧

アバカベッドは南国リゾート気分を味わえるベッドとして人気のベッドです。

独特の形状のベッドのため、アジアンテイストのお部屋にぴったりのベッドです。

人気のアバカベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■アバカベッド、選び方のポイント

 

ベッドは様々な素材のものや、デザインの違いなどがありますが、中でも特徴的なのがアバカベッドです。

 

アバカとはバナナの木の仲間でインドネシアなどの東南アジアが原産地です。葉の繊維は太陽光や水に強く非常に耐久性にすぐれているので、かつてはロープとしても使用されていました。

 

アバカベッドはこのアバカを編み込んだものをフレームに使用したベッドのことです。

アバカベッドの選び方はその個性的な特徴からくるメリットとデメリットをしっかり把握しておくことがポイントです。

 

まず、アバカのメリットは南国リゾートを彷彿とさせる、その美しい見た目だけではなく、アバカを編み込んだ構造のフレームは通気性抜群です。東南アジアは日本同様、高温多湿ですので、アバカベッドは日本の夏にもぴったりといえます。

 

また、アバカを編み込んだフレームはアバカのすき間から光が漏れますので、この特性を生かしてフレーム内部に照明を内臓したタイプもあります。

ベッドフレームには半透明のプラスチックやガラスの内部に照明が内臓されたものが多いですが、アバカベッドですと、一味違った照明の雰囲気を味わえます。

 

なお、アバカベッドは編み込まれたアバカによって表面に凹凸があることや、編み込みのすき間からベッド内部にほこりがたまってしまいがちなので、他のベッドに比べれて比較的、お手入れの手間がかかります。

他にも特徴的な見た目のために、他の家具との調和が難しい、個性的なデザインに飽きてしまう、夏らしい雰囲気がある反面、冬の雰囲気にそぐわないといったデメリットもあります。

 

これらのことから南国リゾート感を満喫したいといった人はヘッドフレームやサイドフレームすべてがアバカでできたものを選ぶことがオススメですが、お手入れの手軽さや室内のアクセント程度にアバカを取り入れたいといった人はヘッドフレームのみアバカでサイドフレームなどは木製でできたものを選ぶとよいでしょう。

 

テキストのコピーはできません。