Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「布団を干せるベッド」一覧

布団を干せるベッドには、移動可能な折りたたみ式のベッドと、ベッドの位置はそのままに、ベッド上でベッドフレームを折りたたんで布団を干せるタイプがあります。

お部屋の状況に合わせて、タイプを選んでいただければと思います。

人気の布団を干せるベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■布団を干せるベッド、選び方のポイントと活用法

 

ベッドで寝る方は徐々に増えていますが、ベッドにマットレスを置くのではなく、折りたためるベッドに布団を敷いて利用されている方も少なくありません。

 

ベッドの利点は布団の上げ下ろしの必要がない点です。布団の上げ下ろしは意外に労力を使う為、面倒に思う方も多く、ベッドの利用が増えている理由の一つでもあります。

 

しかし、ベッドを設置する場合は、それなりのスペースが必要な為、部屋空間が狭くなってしまうデメリット面もあります。

 

ワンルームなどの狭い部屋ではベッドを置く事で大部分のスペースが取られてしまうので、来客時に困る事も少なくありません。

 

そこで、最近では折り畳み可能なベッドが販売されており、アシスト機能が付いているので女性でも簡単に、ワンタッチで折り畳んで部屋スペースを確保する事が可能です。

 

また、折り畳みベッドは布団を敷いたまま山折りに畳む事で、そのまま窓際などで天日干し出来るなどの活用法もあります。

 

布団が干せるベッドは花粉症持ちの方にも好評で、花粉が多く飛ぶ春先はベランダなどに干せず困っている方が多くいますが、折り畳みベッドであれば室内の日向で簡単に干せるので便利です。

 

布団を干せるベッドではスノコ型やパイプ型などがあり、スノコ型は木材で出来ており通気性が抜群な為、夏場などはダニやカビの発生を抑止でき、涼しく清潔に使える利点が魅力です。

 

パイプ型と違いスノコ型は、木材を使用しているので重量制限が設けられている場合があり、布団だけで使う事が出来ない場合があります。

 

ベッドは体の重みを分散させるマットレスの使用を前提として作られている事が多く、スノコの上に直接、布団を敷くことが出来ないベッドもあるので購入の際には注意が必要です。

 

布団で寝たい方がスノコ型折り畳みベッドを購入検討する際は、使用上の注意点や製品情報を確認してから購入するのが選び方のポイントとなります。