Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「並べて置けるベッド」一覧

夫婦用ベッドとして2台のベッドを置く際に、ぴったりくっ付けて置けるベッドのご紹介です。

2台のベッドを設置しても、間に隙間が空いているようでは、2台並べて置く意味がありません。

2台並べてぴったり置ける人気ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■2台ぴったり並べて置けるベッド、選び方のポイント、メリットと活用法

 

キングサイズやクイーンサイズといった大きなベッドを検討しているのでしたら、小さめサイズのベッドを2台並べて置くことを検討してみてはどうでしょうか。

 

ベッドのサイズですがキングサイズは幅が180cmから200cmほどでシングルサイズベッドを2台並べたのと同じくらいの幅で、クイーンサイズは幅が160cmから180cmほどで、セミシングルサイズベッドを2台ほどの幅になります。

 

そのため、キングサイズとクイーンサイズのベッドはシングル、セミシングル2台で代用することが可能です。なお、セミダブルベッドを2台並べると規格外の広さのベッドになります。

 

では、並べて使うベッドの選び方ですが、いくつかポイントがあります。

 

まずはベッド同士のマットレスに隙間ができないものを選ぶことです。

 

ステージベッドやフレームの張り出したタイプのベッドですと、並べた時にフレームが邪魔になって、マットレスの間に隙間ができてしまいます。

 

マットレスのすき間はわずかであっても、寝心地に影響しますので、注意が必要です。

 

他には背の低いベッドを選ぶこともポイントです。

 

ベッドは大きな家具ですので、背が高いとその分、存在感があり部屋に圧迫感を与えてしまいます。特にシングルやセミシングルで使用している場合はそうでもないのですが、2台並べると途端に大きく感じてしまう場合があります。

 

なお、2台ぴったりと並べておけるベッドの一番のメリットはライフスタイルに応じて、連結と分割ができる点です。

 

例えば大人2人、子ども2人の家庭であれば子どもが小さいうちはシングルサイズ2台を連結してキングサイズとして家族4人で寝ることができ、子どもが大きくなったらそれぞれ分割して子ども用にし、大人2人は新たに大きめのベッドを買い足すといった活用法があります。

 

他にも並べておけるベッドは分割して運べるので、購入時や引っ越しの際の搬入や、模様替えによるベッド位置の変更なども大きなベッドに比べて比較的簡単に行えます。