Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「子供部屋用」一覧

子供部屋に置きたいベッドのご紹介です。

子供部屋用ベッドと聞くと、2段ベッドがすぐに思い浮かびますが、その他にもロフトベッドやショートベッドなどもおすすめのベッドです。

人気の子供部屋用のベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■子供部屋に置きたいベッド、選び方のポイント

 

子供を健やかに育むために、ぐっすりとよく眠れるように子供部屋に置きたいベッドですが、どんな選び方をすれば親子ともに安心できるのでしょうか。

 

幾つかポイントがあるので、家庭の状況に合わせて選んで下さい。

 

 

まず兄弟姉妹がいるかどうかでも変わります。

 

それぞれに部屋があるなら別々に用意してあげたいですが、そうでなければ一段ではなくて二段ベッドにして皆が寝られるようにすることです。

 

寝返りも打てるように耐久性の高いしっかりした作りの物を選んで下さい。後々別々の部屋になったりして空いた場合にはそこに物を置くことも出来ますので無駄になることはありません。

 

 

なるべく部屋のスペースを広く取りたい時には、ロフト型が選択肢に入ります。

 

ベッド下に棚やソファ、机などをうまく配置することで部屋が広々とするので解放感がでます。

 

似たようなタイプで収納がついているベッドもあるので、別途棚を購入して整理整頓をするのが大変そうだと思うのであればそちらを利用すると掃除や衣服、物の整理も楽になります。

 

通気性も気になるようであれば、すのこベッドを使うとその分だけすっきりと気持ちよく湿気にくいので、暑い季節や暖房を使う時も快適です。

 

素材に関しても、耐久性が高いものを選ぶなら木製や鉄などの金属でできたパイプ製のものがポピュラーです。

 

柔らかな雰囲気が出る布を使ったファブリックのフレームや、お洒落なレザーベッドなどもありますので、男の子や女の子の好みで一緒に気に入るものを探してあげて下さい。

 

一段ベッドであればそれほど気にしなくてもいいのですが、二段やロフト型だと眠る位置が高くなるので万が一のことも考えて落下しにくいようなフレームや柵になっているかどうかを確認し、耐荷重も余裕があるものを選びましょう。

 

ベッドは何度も買い替えるものではないので、広々と体が伸ばせるような眠りを妨げないゆったりとしたスペースの物を選ぶようにして大事に使っていきましょう。