Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「家族・ファミリー用」一覧

家族みんなで寝れるベッドをファミリーベッドと呼びます。主に2台のベッドを隙間なく連結して、親子3人、又は4人で一緒に寝ることができるベッドです。

人気の家族、ファミリー用のベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■家族・ファミリー用ベッド、選び方のポイント

 

ひとことでベッドと言っても、デザインや色などその種類は様々ですが、家族・ファミリーにはどのようなベッドが向いているでしょうか。

 

選び方のポイントは、家族、ファミリー用の場合、多人数で寝ることができる大きなタイプのベッドを選ぶことです。

 

ベッドのサイズですが、ダブルサイズの幅が約140cm、クイーンサイズが約160cm、キングサイズですと約180cmです。

 

シングルサイズの幅が約100cmですから、キングサイズでやっとシングルとセミダブルサイズ2台分の広さになります。

 

大人二人の場合にはダブルサイズでもよいですが、大人二人と子ども一人の場合にはクイーンサイズ以上、子ども二人の場合にはキングサイズを選ぶとよいでしょう。

 

特に子どもは大人に比べて寝返りをよく打ちますので、若干余裕を持ったサイズ選びがポイントです。

 

なお、大きなベッドになればなるほど、部屋のスペースが必要なのはもちろんのこと、存在感があって、部屋が狭く窮屈に感じられます。

 

家具は背が高いほど存在感があるので大きなベッドの場合は背の低いローベッドがおすすめです。

 

また、ローベッドであれば、もし子どもがベッドから落下しても怪我をする可能性が低いのもメリットです。

 

また、家族のベッド選びのもうひとつの特徴として、ライフスタイルの変化があります。

 

例えば新婚の夫婦であれば、これから先、子どもが増えていき一緒にベッドで寝る人数も増え、その後は子どもが自分の部屋で一人で寝るようになるといったように短いスパンでライフスタイルが変化していきます。

 

しかし、ライフスタイルに合わせてベッドを買い替えるようですと、経済的ではありません。

 

そこでオススメなのが連結タイプのベッドです。

 

連結タイプであれば、大人二人と子供二人で一緒に寝る間は、シングル2台を連結してキングサイズとして使用し、子どもがひとりで寝るようになったら、シングルサイズに分割したベッドをそれぞれ子どもに与え、大人はダブルサイズ1台を買い足すといったことも可能です。

 

このように家族やファミリー用のベッドはサイズと将来的な使い回しを考えて選ぶのがポイントです。