「フロアベッド【はめ込みタイプ】」一覧

フロアベッド【はめ込みタイプ】を選ぶ際のポイントは、①フレーム枠のたわみ②ベッド下の湿気対策です。この2点が【はめ込みタイプ】の弱点と言われているからです。

人気ベッド『Breezeブリーズ』は、「フレーム枠のたわみ対策」と「湿気対策」に注力したベッドですから、コスパの良いベッドをお探しの方は、一度は内容をご確認ください。

フロアベッドのはめ込みタイプ、人気ベスト3は次のベッドです。

リボン

【フロアベッド【はめ込みタイプ】の2つの弱点】

 

①フレーム枠がたわみ易い

 フレーム枠のたわみ

フロアベッド【はめ込みタイプ】は、フレーム板を並べて4角形を作り、その中に底板を敷き、マットレスを置く仕組みとなっています。

フレーム板でかたち作った4角形は、横から力を加えれば形が歪みやすく、中に置いたマットレスとの間に隙間が生じやすくなっています。

それゆえに、【はめ込みタイプ】をご購入頂いた方の感想の中には、フレーム枠とマットレスの隙間に物が落ちやすい、子どもが足を隙間に挟みこんだ、等のマイナス評価も見られることがあります。

フレームの補強

対策としては、フレーム枠とマットレスの隙間に、バスタオルなどで隙間を埋めることが考えられますが、ベッドの中には、ワイヤーでフレーム枠のたわみ防止措置を取っているものもあります。

 

②ベッド下の湿気対策

湿気対策

フロアベッド【はめ込みタイプ】は床にベッドを置いた形状のため、マットレスと床の間には底板一枚というケースが多いです。

このように、ベッド下には空間が無いため、マットレスを通過した寝汗がマットレスと床の間に溜まりやすくなっており、マットレスを敷きっぱなしにしていると、湿気からカビが生えるなどのリスクがあります。

すのこ板

対策としては、マットレスを定期的に取り出し、ベッド下を掃除するなどすれば特に問題はありませんが、マットレスを置く敷き板をす通気性の良いすのこ仕様のものを採用しているベッドもあります。

■まとめ

フロアベッド【はめ込みタイプ】は、フロアベッドに一番多く見られるタイプのベッドですが、購入時は上記のような課題があることを知っておく必要があります。

このような2つの弱点を克服すべく工夫がなされているベッドもあります。

人気ベッド『Breezeブリーズ』は、「フレーム枠のたわみ対策」と「湿気対策」に注力したベッドですから、コスパの良いベッドをお探しの方は、一度は内容をご確認ください。

なお、フロアベッド【上乗せタイプ】は、フレーム枠とマットレスの隙間がなく、すのこ板の底板を採用しているベッドが多いので、フロアベッド【上乗せタイプ】を選ぶという方法もあります。

テキストのコピーはできません。