Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ヘッドレスベッド」一覧

ヘッドボードが無いヘッドレスベッドは、省スペースでお部屋のどこにでも置ける便利なベッドです。狭い部屋やお部屋のレイアウトの変更を楽しみたい方におすすめのベッドです。

ヘッドレスベッドの人気ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■ヘッドレスベッド、選び方のポイント

 

ヘッドボードは、棚付きタイプ・パネルタイプ・ヘッドレスタイプの3種類に大きく分類できます。

 

ヘッドレスベッドはヘッドレスタイプのヘッドボードが付いているタイプで、ヘッドボードが存在しないためベッドの全長が短くなり、高さも抑えられるのが特徴です。

 

3種類のヘッドボードの中で、最もコンパクトなデザインで、シンプルなインテリアの部屋に向いています。

 

棚付きタイプやパネルタイプよりも、部屋をすっきり見せることができるので、ベッドを置いている部屋のスペースが広くない場合にもおすすめです。

 

部屋の中でもベッドは広いスペースを必要とするため、インテリアの印象を左右する存在感があります。

 

ヘッドレスベッドは他のタイプと比べヘッドボード部分がすっきりしているので、存在感をあまり出さずに置けるのもメリットです。作りがシンプルなので、安く購入できるのもポイントです。

 

選び方のポイントとしては、サイズやベッドフレームの材質などをきちんと確認し、同時に使用するマットレスがぴったりと置けるかどうかを確認しましょう。

 

安いものも多いヘッドレスベッドですが、きちんとした作りのベッドを購入しないと軋んだり歪みが生じる可能性があります。

 

ヘッドレスベッドは様々なメリットがありますが、収納性や機能性は棚付きタイプ・パネルタイプよりも劣ります。

 

メガネや目覚まし時計をベッドの近くに置きたい場合は、ナイトテーブルなどを別に用意するしかありません。

 

また、頭側を壁に接する配置でないと、枕を支えるパネルがないため枕が落ちてしまう可能性もあります。

 

同時に、寝ている間に枕が壁に接触してしまうと、摩擦により壁紙などにダメージを与えてしまうこともあるので注意しましょう。

 

ベッドに収納性を求めたり、物を多く置きたい場合は棚や照明が使える棚付きタイプがおすすめです。

 

部屋のスペースを取らず、コンパクトなベッドが欲しい場合はパネルタイプやヘッドレスタイプが適しています。