Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「和風・畳」一覧

長らく畳の上で寝てきた方にとっては、ベッドで寝る際も畳の上で寝たいという方が少なくありません。

ベッドの中には、和室にもに合う畳仕様のベッドがあります。

人気の和風、畳ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■畳ベッド、選び方のポイント

 

洋風のベッドに抵抗がある高齢者だけではなく、和風の雰囲気を味わいたいという方にも人気の畳ベッドですが、選び方によっては不便なベッドになってしまうことがあるため、注意が必要です。

 

そこで畳ベッドの選び方で失敗しないためのポイントを把握しておくことが大切となります。

 

まず1つ目のポイントは、畳の種類です。

畳は日焼けによる変色や経年劣化、シミがつきやすいといったデメリットがありますので、畳の性能をしっかり確認することが失敗しない選び方のポイントとなります。

 

畳と一口にいっても、こうした畳独自のデメリットを軽減したタイプなど、様々な種類があるため、そうした特徴をしっかり調べて選ぶとよいでしょう。

 

また就寝する場所ですので、香りや色合いが好みかどうかも実際に見て確認するようにしましょう。

 

2つ目のポイントは、収納の有無です。

洋風のベッドにはベッド下に引き出しなどの収納がついているものがありますが、畳ベッドにも収納がついているタイプがあります。

 

もともと畳ベッドは吸湿性が高いのが特徴ですが、引き出し収納付きの場合は、便利な反面、収納部に湿気が溜まりやすくなるというデメリットがあります。

 

もちろん定期的に収納の開け閉めをしたり、除湿剤を入れておけば、それほど問題にはなりませんが、そうした手間をかけたくないのであれば収納がついていないタイプを選んだ方がよいでしょう。

 

また畳を跳ね上げるタイプの収納もありますが、この場合、畳が1枚だと重たくなってしまうので、2枚に分割されているジョイント式の跳ね上げ収納を選ぶのがポイントです。

 

最後のポイントはサイズです。

 

基本的に畳ベッドは、シングルやセミシングルサイズが多いのですが、セミダブルやダブルももちろんあります。

 

一人で使うのか、夫婦で一緒に使うのかなど用途に合わせてサイズ選びを慎重に行うことが大切です。

 

また高齢者が使うのであれば、ベッドから落ちてしまわないように柵がついているタイプを選ぶとよいでしょう。

 

このようにポイントを踏まえて、実際に確認しながら選ぶと畳ベッドの魅力を存分に味わいながら、使うことができるはずです。