Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「連結できるベッド」一覧

ベッドのには2台並べてぴったり置けるベッドがありますが、中でも、2台のベッドを動かないように連結して並べて置けるベッドがあります。

連結できれば、ベッド上で寝返りをうったりしても2台のベッドがずれる心配がありません。

人気の連結できるベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■2台連結できるベッド、選び方のポイント、メリットと活用法

 

ベッドにはいろいろな種類がありますが、連結タイプのベッドはセミシングルサイズ、シングルサイズのベッドを2台連結して、クイーンサイズやキングサイズとして使用するベッドのことです。

 

また、キングサイズよりさらに大きな規格外サイズのベッドもあります。

 

そんな2台連結できるベッドの選び方ですが、背の高いベッドよりも背の低いローベッドを選ぶことがポイントです。

 

大きなベッドはそれだけで存在感がありますが、家具は背が高いほど存在感がありますので、背の高いベッドほど部屋を狭く見せ、窮屈に感じてしまいます。

 

そのため、できるだけ背の低いロータイプのフロアベッドがよいでしょう。

 

また、連結ベッドはサイズが大きい分だけ、移動が難しくベッドと壁のすき間の掃除などが大変ですので、自重の軽いものを選ぶと掃除がしやすくなります。

 

なお、2台連結できるベッドのメリットはやはり2台のベッドを連結、分割して使用できることです。

 

例えば結婚前のカップルの場合、これから同居し子どもが生まれ、その後は子どもが親とは別に寝るようになるといったライフスタイルの変化が考えられます。

 

連結ベッドであれば、同居前はそれぞれ2台のベッドとして利用し、同居後に連結、子どもが一人で寝るようになれば、分割し1台を子ども用に使うといった活用法もあります。

 

他にも通常のベッドを2台くっつけて使用するとベッドとベッドに微妙なすき間ができてしまったり、不意の力がかかってしまった際にベッドが動いて真ん中のすき間から落下してしまうという危険もありますが、連結ベッドは専用の金具などでそれぞれのベッドを固定、連結するので、そういった心配も少ないです。

 

他にも、完成品のベッドの場合、クイーンサイズやキングサイズですと搬入や搬出が大変で、玄関やドアの大きさや搬入経路によっては搬入することすらできない場合もありますが、連結タイプであれば2分割の状態で搬入が可能なこともメリットの1つといえます。