Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ロフトベッド」一覧

ロフトベッドはベッド下の空間を最大限に利用できるため、狭い部屋に置くベッドとして人気があります。

ベッド下は、ソファやデスク置き場として、又は、衣類や収納ボックスの収納スペースとして、利用方法は工夫次第で自由自在です。

人気のロフトベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■ロフトベッド、選び方のポイント

 

ロフトベッドを導入すると本来では底板で埋まってしまう床面積が有効活用できるようになりますが、高さに注視した選び方をしなければ利用時はもちろん利用していない時にも不都合を感じてしまいます。

 

横になる位置があまりにも天井に近すぎると起床した時に頭などをぶつけてしまう恐れがありますし、下に降りて活動中であっても鉄の部分に頭部をぶつけてしまいます。

 

このように頭を打つという危険が生じるのはロフトベッドの高さが中途半端が原因です。

 

ロフトベッドを選び時のポイントはロフトベッド上で体育座りをした際に、頭から天井にかけて65センチ程の隙間があれば圧迫感が無くて快眠できるということです。

 

床からの高さは170センチ程の身長の方であればあご辺りになるので、ロフトベッドの上に載せてある寝具や荷物なども取り出しやすく、怪我をする確率も減少します。

 

もちろん、ベッド下の空間はきっちりと確保されているので、テーブルや椅子を置いてワークスペースとして使う時にも不都合を感じません。

 

ロフトベッドを購入する際は、ロフトベッドの置き場所がポイントとなります。

例えば、お気に入りのデザインのロフトベッドが見つかっても室内のエアコンに近い所にしか置けないのであれば、購入はやめておくのがおすすめです。

 

空調設備に近い所にロフトベッドを置いた場合、ロフトベッドが障壁になって、空調を稼働させても、お部屋全体に冷たい空気や暖かい暖房を行き渡らせることができないことが多いからです。

 

最も良いのは、空調とは正反対の所にロフトベッドを置くレイアウトなのですが、一般的な間取りであれば反対側にはクローゼットや出入り口があるため扉の開閉ができなくなり、洋服が取り出せなくなったり出入りができなくなってしまウ恐れがあります。

 

その場合は、エアコンとは斜向いにするようにすれば、ロフトベッドによって送風が遮られて室内で長時間過ごせなくなるという問題も解決できます。