Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「低ホルムアルデヒド」一覧

健康を考慮したベッド選びには欠かせない、低ホルムアルデヒド仕様のベッドです。安心して長く使用するため、小さいお子様はもちろん、大人や年配の方にもおすすめのベッドです。

人気の低ホルムアルデヒドのベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■低ホルムアルデヒド部材使用のベッド、メリットと活用法

 

ベッドや家具を選ぶときにホルムアルデヒドという言葉を聞いたことがある人は多いのではないのでしょう。

 

このホルムアルデヒドは無臭で刺激臭がある物質ですが、安価なことから木材の接着剤や塗料に使われています。

 

しかしながら、このホルムアルデヒドは人体に有害なため、人体に影響がないと定められた濃度以下で使用されています。

 

基準値以下であれば異臭や粘膜への刺激、呼吸困難などただちに人体に与える影響は少ないといわれていますが、長期的にホルムアルデヒドを吸い続けると体質によってはアレルギーやシックハウス症候群と言われる症状の原因となる場合があります。

 

また、これらの症状は一時的なものではなく、一生つきまとう症状となってしまう場合があり、人生に大きな影響を与えてしまいます。

 

そのため、ホルムアルデヒドの使用に関する法律が改正されただけでなく、現在は低ホルムアルデヒド部材を使った家具が多く取り扱われています。

 

低ホルムアルデヒドとはその名の通り、ホルムアルデヒドを基準値よりも低く抑えたもので、人体による悪影響が少ないというメリットがあります。

 

家具の中でもベッドは人がその場にとどまる時間が長く、知らない間に徐々にホルムアルデヒドが身体に蓄積されるのではないかといったことが気になりますので、低ホルムアルデヒドのベッドを使用したいところです。

 

中でも低ホルムアルデヒド部材を使ったベッドの活用法はベビーベッドや子ども用のベッドではないでしょうか。

赤ちゃんは子どもは大人に比べると気管支機能が弱いため、ホルムアルデヒドによる影響が大きいと考えられます。

 

ベッドはとかか色やデザイン、機能性などを重視しがちで、素材などの安全性がないがしろにされがちです。

 

しかしながら、ベッドは一度購入すると長く使用する家具ですし、人は人生の3分の1を寝てすごすと言われていますので、ベッドを購入する際には、低ホルムアルデヒドについて気に留めておくとよいのではないでしょうか。