「セミシングル」一覧

セミシングルサイズは、横幅が約80cmのベッドです。主に細身の女性用として狭い部屋に置くのに適しています。

シングルサイズと比較すると20cm程細い省スペースベッドとなります。

セミシングルベッドの当店人気ベッド、ベスト3をご紹介します。

 

リボン

■セミシングルベッド、選び方のポイント

 

セミシングルベッドとは幅が80cmほどで、幅が100cm前後のシングルベッドよりもさらに一回り幅の狭いベッドです。

 

そのため子どもや小柄な女性、狭い部屋などの適したベッドです。

 
セミシングルベッドの選び方のポイントとは、どのようなものでしょうか。

 

子どもや狭いワンルームマンションなどで使用する場合、いずれ子どもが大きくなる、ワンルームマンションからの引っ越しといったようにダブルサイズ以上の大きなベッドに比べると使用する期間が短くなりがちになる可能性が高いです。

 

その為、高価なベッドよりも使用年数に対するコスパのよいものがオススメです。

 

また、廃棄することを考えると組み立て式で細かく分解できるものが、廃棄しやすいでしょう。

 

具体的にコスパや廃棄の面では比較的安価で組み立てと分解が簡単なスチールパイプベッドがよいでしょう。

 

また、サイズのコンパクトなセミシングルベッドの長所を生かすためにフロアベッドなどフレームの大きなものよりも脚付きマットレスベッドで、ソファとベッドを兼用したりベッド下のスペースを収納にするといった使い方や、ローベッドにする場合でも床下収納付きのものや、ベッド下に家具を置くことができるロフトベッドがオススメです。

 

なお、セミシングルサイズは幅がクイーンサイズの半分です。

 

たとえば、少し先に結婚を控えていて、それぞれ別々に住んでいるが、いずれは結婚して一緒に住む予定のカップルなどであれば、連結可能なセミシングルベッドがオススメです。

 

連結タイプのセミシングルベッドであれば、結婚して引っ越す際にベッドを廃棄して新たに買い替える必要がなく、同居後はお互いのベッドを連結してクイーンサイズベッドとして使用できます。

 

幅80cmのセミシングルは人によっては想像以上に狭く感じる場合があります。

 

現在、シングルサイズ以上のベッドや布団を使用している人は、ベッドを買い替える前に、毛布などを丸め、ベッドや布団の端に置いてみて、80cm幅をシミュレーションしてみると使用感を事前に確認するとよいでしょう。

 

テキストのコピーはできません。