Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ショートベッド・小さめベッド」一覧

180cmの丈が短いマットレスが特徴のショートベッドにも、たくさんの種類があります。

省スペース優先であれば【脚付きマットレスベッド】に代表されるヘッドレスタイプ、収納も確保するのであれば【引き出し収納ベッド】【チェストベッド】【跳ね上げベッド】から選ぶのがおすすめです。

ショートベッドの人気ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■ショートベッド、選び方のポイント

 

少ないスペースにベッドを置くという場合に購入されることが多いのがショートベッドです。

 

ショートベッドではマットレスの部分が短くなっており、ヘッドボードの長さは一般的なベッドと大きさがあまり変わらないというケースも多いです。

 

ただ、省スペースということを優先的に考えるのであればヘッドレスのものを選択するということも考えられます。

 

ベッドボードが無いとそこに小物やスマートフォン、メガネなどを置いたりすることが出来なくなります。ベッドボードの利便性とスペースの問題を考慮し、自分が求めるのはどちらなのかを考える必要があります。

 

ベッドレスのショートベッドは珍しくなく、ヘッドレスであることに気づかずにインターネットで購入して届いてから気づくことも起こり得ます。

 

それゆえにヘッドレスかどうか、自分にとってヘッドレスが良いのかどうかは重要なポイントと言えます。

 

ベッドの近くに物を置ける棚のようなものがあればベッドボードが無くてもあまり困らないかもしれません。

 

ショートベッドは通常のベッドよりも基本的に軽量です。これは純粋にコンパクトに作られていることによるものです。

 

とはいえ、ショートベッドの中にも比較的軽いものや重いものが存在します。頻繁に移動させる必要がある場合は軽めのものを選択し、動いてしまうことが気になる場合は重いものを選ぶのがベターです。

 

ショートベッドはそれほど浸透していないベッドであるため、種類は必ずしも多くありません。

 

そのため、お店を絞ってからベッドを選んでいると選択肢があまり無い可能性もあります。

 

そこでショートベッドを購入する際にはお店選びの段階からそのことを踏まえて置く必要があります。

 

ショートベッドは短めのベッドを指す言葉ですが、全てが一様に同じサイズとは限りません。

 

特に小さい物やそれほど小さくない物まで幅広く存在します。それ故にどのくらいのサイズなのかを明らかにしておくのが選び方のポイントです、