Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「一人暮らし用」一覧

一人暮らしに置くベッドは、単に寝るためだけでなく、狭い部屋でも快適に生活するためのベッドを選ぶ必要があります。

例えば、お部屋を広く感じる低いベッド、ベッド下が大容量収納の収納ベッドなど、機能性に富んだベッドが用意されています。

人気の一人暮らし用ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■一人暮らし用ベッド、快眠のための選び方のポイント

 

一人暮らし用ベッドを購入する場合の注意点は、快眠を重視するのであれば、部屋のサイズに合わせた選び方をするのは良くありません。

 

一人暮らし用ベッドの選び方としてポイントになるのは、ベッドを利用する方の体型を考慮した上で、設置場所まで運び入れられるサイズを選ぶという順番です。

 

快眠のためには窮屈なベッドよりも広くて余裕があるベッドの方が良いため、玄関や窓から入れられるのであれば身体に比較して大きすぎるくらいが丁度良いです。

 

一般的に狭く感じないのは自身の肩幅に対して30センチをプラスした幅であるので、最低でも左右に15センチのゆとりを持たせるようにしましょう。

 

ただし、実際に横になってみるとわかりますが、一人暮らし用ベッドとして選ぶ時にシングルベッドに横になると想像以上に狭く感じられ、寝返りを一度行っただけでマットレスの端に到達してしまいます。

 

たとえ一人暮らし用ベッドであったとしても、快眠のためにはセミダブルにするのも一つの手です。

 

しかし、横になった時には快適さが感じられたとしても、日常生活に困るといけませんので、生活に必要な作業スペースを確保するのも選び方のポイントになります。

 

平均的な体型の方が横になって難なく歩き回るためにはおよそ60センチのスペースがあれば良いので、足元も含めて60センチ程空けられる大きさにしましょう。

 

そして一人暮らし用ベッドに限った事ではないものの、多くの方が壁沿いに設置しますが壁面にぴったり密着させてはいけません。

 

間に物が落ちてしまい取り出すのが大変であるという理由から密着させたくなりますが、10センチの隙間を空けおくとベッドメイキングが手軽になりますし掛け布団が押し込めるようになるので、就寝中にずれ動いてしまい目が覚めてしまうことも無くせます。

 

さらにベッド下に引き出しが付いている一人暮らし用ベッドであるなら、より一層広さを確保し100センチがあれば十分です。