Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「布団を敷けるベッド」一覧

ベッドにはマットレスを使用するのが一般的ですが、中には、今使用している敷き布団を敷けるベッドがあります。

畳の上からベッドに変わっても、布団で寝れることから根強い人気があります。

布団を敷ける人気のベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■布団を敷けるベッド、選び方のポイントと活用法

 

ベッドはマットレスを敷いて使用することが多いですが、中には布団を敷いて使用できるものもあります。

 

ベッドに布団を敷くことで仕舞う手間を減らせたり、湿気を溜めにくくしたりできるメリットがあります。

 

しかし、多くのベッドフレームはマットレスと同時に使用することを前提にして作られています。

 

マットレスと敷き布団は重さがそれほど変わらないため、ベッドに与える負担もあまり変わらないと考えられがちですが決してそうではありません。

 

マットレスを使用すると重さが分散されますが、敷き布団の場合はそれほど分散されないので注意が必要です。

 

あまり頑丈でないタイプのベッドで敷き布団を使用するとベッドが破損してしまうこともあります。そのため、布団を敷けるベッドかどうかを予め確認しておくことをおすすめします。

 

ベッドに敷き布団を敷くメリットとして湿気が床よりも溜まりにくいということがあります。

 

その恩恵を特に受けやすいのがすのこのベッドフレームです。すのこのベッドフレームでは空気の通り道が出来やすくなるので、湿気を溜まりにくくする効果があります。

 

ところが、世間一般でよく売られているすのこのベッドフレームの多くはマットレスを前提として作られています。

 

それゆえにマットレス以外を敷いて使用するならば、対応しているかどうかを確認しておく必要があります。中には敷き布団を敷けるタイプのベッドもあります。

 

布団を敷けるベッドは敷き布団を直接敷くよりもスペースを必要とします。そのため、スペースをどれくらい取るのかを踏まえておくことが選び方のポイントです。

 

元々一般的なベッドを使用していて布団を敷けるベッドに替えるという場合はスペースがだいたい分かるのでそれに合わせればOKです。

 

敷き布団を床に敷いていた状態から布団を敷けるベッドに替えるという場合にはスペースを念入りに確認しておくことをおすすめします。

 

気に入っている敷き布団がある場合、布団を敷けるベッドがその活用法の1つと言えます。