Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「スチール・パイプベッド」一覧

スチール・パイプベッドを選ぶ方には、ヴィンテージ風デザインが気に入った方と、湿気に強く軽量で組立・解体が簡単な機能性重視の方の2通りあります。

スチール・パイプベッドは、一人暮らしや転勤族の方にもおすすめのベッドです。

スチール・パイプベッドの人気ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■スチールベッド・パイプベッド、選び方のポイント

 

スチールベッドやパイプベッドを選ぶ際に重要となるのがメッシュ床板です。

 

敷布団を直接的に敷く場合はメッシュではなく、スポンジと布で覆われたようなものを選択するのがおすすめと言えます。

 

メッシュ床板を使用する場合はコイルマットレスを使用するケースが多いです。どうしても、メッシュ床板に布団を敷く場合は、直に布団を敷くと背中が痛いので、敷き布団の下に薄めのマットレスなどを敷くことをおすすめします。

 

つまり、コイルマットレスを使用する場合はメッシュ床板を、敷布団を直接敷く場合はスポンジと布でできたものを選択するとマッチしやすくなります。

 

パイプベッドを選ぶ際のポイントとしては他にもキシミの問題があります。

 

パイプベッドはその素材次第でキシミ方が変わります。

 

スチールでできたものの場合は強度が高いため、非常に軋みにくくなります。ただし、ネジの精度や製造過程の関係でどうしても軋んでしまうこともあります。

 

このあたりは口コミなどで確認しておかないとなかなか判断することができません。

 

なお、購入した直後であってもネジが緩んでいることがあるのでネジを締め直すことでキシミを減らすことが可能です。

 

スチールベッドの中には宮棚が付いているものもあります。宮棚が付くことによって全長が長くなるといったことがありますが、近くに棚がない場合は便利です。

 

また、同じように引き出し収納が付いているタイプもありますので、寝床としてのベッドの他に収納スペースも確保したい場合には、便利な機能です。

 

スチールベッドの選び方の中でも特に重要なのがデザインです。

 

ベッドは寝床でありながらインテリアでもあります。

 

どんなベッドを置いているかで部屋の感じは大きく変わることもありますし、加えて気に入ったデザインのベッドで眠るということがそもそも快適な気分に繋がるというケースも少なくありません。

 

近頃では映画で出てきそうなファンシーなものや、逆に武骨なものまで幅広いデザインが用意されています。

 

中には天蓋付きのベッドもあります。

 

少し珍しいもの言えば脚の付いていないフロアタイプのベッドも存在し、開放感を強く出したい方におすすめです。