Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「2段・3段ベッド」一覧

2段ベッドはお子様用のベッドとして思い浮かぶ方は多いと思います。しかし、最近では大人用の2段ベッドも用意されており、狭い部屋を有効に利用するために購入される方も多いです。

人気2段ベッド、ベスト3は次のベッドです。

 

リボン

■2段ベッド、選び方のポイント

 

2段ベッドを買い求める際に選び方としてポイントになるのは、長い期間にわたって使用可能な設計とデザインが施されいるという点です。

かつての2段ベッドは子供が大きくなりサイズが窮屈に感じられるようになったり、別々の部屋を持つようになった時に処分してシングルベッドを買い与えるのが定番でしたが、大きな物なので入れ替えをするのが大変ですし金銭的な出費も大きいです。

しかし今日の2段ベッドの中にはそうした点を解消しているタイプがあり、重なり合っている2つのベッドを上下で分離させるとシングルベッドに早変わりするという物です。

こうしたタイプであれば個別に部屋を持つようになっても分離させられるので出費や手間もかからないのですが、選び方で気をつけるべきなのは長い目で見て大きめを買っておく事です。

たとえ2段ベッドが分けられたとしても身体の大きさが合わなくなってしまっていると結局買い換えなければならないので、購入当時は大きすぎて持て余すように感じられても大人が横になった際支障がないものにしてください。

また同様に結果的に買い替えを検討したくなる事案として挙げられるのは、当時の好みに合わせて子供っぽいデザインに決めてしまう事です。

買う時に子供が使う2段ベッドとしては渋い印象に感じられても、子どもの成長は早いのですぐに違和感が無くなり末永く利用していけます。

そして2段ベッドの選び方で妥協してはいけないのが価格面であり、相場よりも安くなっている場合は安全性という重大な部分がコストカットされている可能性が高いです。

シングルタイプであれば材質のクォリティを下げることでコストカットをしている事が多いので、寝心地が悪かったり見た目に高級感が感じられないという程度ですが、2段ベッドだと耐久性が損なわれていて安心して使えない恐れがあります。

大人顔負けの体重になる高学年程になると底が抜けてしまわないか心配になりますし、小さな地震でも不安になる程揺れてしまいます。

二段目の底が抜けたり部材が落下してくると大変な事故に繋がり、大怪我をするので2段ベッドでは価格については妥協しない選び方をしてください。