マットレスの選び方

ベッドの寝心地は、マットレスによって大きく変わります。

では、寝心地の良いマットレスとはどのようなものでしょうか。人によって感じ方は様々ですが、一般的には「あおむけに寝ても、背骨が立っている姿勢と同じようなS字に保てるマットレス」が寝心地の良いマットレスと言われています。

人間の身体は横になったとき、頭、胸、腰、脚のそれぞれに重みが加わります。その割合は8%、33%、44%、15%といわれています。

 

【柔らかいマットレス】
マットレスが柔らかすぎると身体がマットレスに沈んでしまうため、身体の筋肉が無意識に体を支えようとし、その結果体に疲れが残ることになります。

 

【硬いマットレス】
逆にマットレスが硬すぎる場合は、肩や腰などの血行が悪くなり、痺れなどが生じることになります。 良いマットレスは、身体の形状をしっかり支え、身体の重みが集中する圧力を均一に分散することができるマットレスということができます。

 

マットレスの種類からベッドを選ぶ

マットレスの種類はさまざまです。スプリング、エア(空気)の他、ウレタン、合成ゴムといった種類のものもあります。

スプリングは形の違いから大きく分けると独立型と連結型に分かれます。

 

ポケットコイル(独立型)

コイルの一つ一つを不織布のポケットで包みこみ、独立させた状態で並べたもの。身体を点で支えているため、体型の曲線や動きに反応した沈み方をします。横揺れが少ないのも特徴で、耐圧の分散にも優れています。表面のウレタンが薄めのレギュラータイプと少し固めのハードタイプがあります。

 

ボンネルコイル(連結型)

ボンネルコイルはボンネルと呼ばれるスプリング状のコイルを縦横に連結させてマットレスの全面に配置したものです。連結したボンネルコイルは面で身体を支える構造なため、畳の上で寝ているような感覚です。表面のウレタンが薄めのレギュラータイプと少し固めのハードタイプがあります。

 

③国産ポケットコイル

国産のポケットコイルマットレスです。国産の品質にこだわりたいという方におすすめです。

 

④フランス社製マットレス

ベッドで有名なフランスベッド社のマットレス。フランス社独自のスプリングを使用し、理想的寝姿勢を保ちます。フランスベッド社製マットレスは、国内で最も厳しい耐久試験(JIS試験)に合格し、さらに独自の耐久試験を行い、スプリングや詰め物の破損、落ち込みがないか調べています。

また、生産は国内で行われているので、海外製マットレスに比べ、高い品質を一定に保ちやすく、安心感を与えるマットレスです。フランスベッドのマットレスラベルには、全日本工業会が発行する「衛生マットレス」シールが貼られています。

「抗菌・防臭加工」を施し、「低ホルムアルデヒド」の材料を使用し、かつ「グリーン購入法」の基準に基づいた資源の有効利用に配慮したマットレスです。

代表的なマットレスには次のようなものがあります。
・マルチラススーパースプリングマットレス
・デュラテクノマットレス
・羊毛入りデュラテクノマットレス
・マルチラスダブルデッキスプリングマットレス

 

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスは、フランスベッド独自の高性能スプリングで、部分的な落ち込みがなく、理想的な寝姿勢を維持してくれるマットレスです。国内の国公立病院や官公庁にも採用されているマットレスです。

【フランスベッド独自の高密度連続スプリング】

高密度連続スプリングとは、フランスベッドが米国・英国の最大手スプリングメーカーから日本国内における、製造・販売許可を受けている高性能スプリングの総称です。

部分的な落ち込みがなく、理想の寝姿勢を維持する良質な寝心地と、耐久性、通気性といった衛生面に高い配慮が施されたスプリングです。

【理想の寝姿勢】

理想の寝姿勢とは、立ち姿勢をそのまま横にした姿勢。そしてもっと心地よく寝るためには、背骨とマットレス面が膝の部分で2~3cmあいている状態が理想とされます。

ボンネルコイル・ポケットコイルマットレスは1つ1つのコイルが連続または独立しているため、腰部など体圧が大きい部分に部分的な落ち込みができ、理想的な寝姿勢が保ちにくくなります。

その点、高密度連続スプリングは、1本の銅線を連続して編みこんであり、体を面で支える構造のため、背中や腰の部分的な落ち込みがなく、理想の寝姿勢を維持します。

 

デュラテクノマットレス

2つの支持面をもつ新Z型スプリングが身体の微妙な動きにも対応し安定させ、不快な横揺れを防ぎます。部分的な落ち込みがなく、理想の寝姿勢を維持する良質な寝心地と、耐久性、通気性といった衛生面に高い配慮が施されたマットレスです。

 

羊毛入りデュラテクノマットレス

デュラテクノマットレスよりもさらに寝心地と快適性を求める方におすすめのマットレスです。
クッション性が高まるのはもちろん、羊毛は優れた保温性、吸湿性、弾力性といった特徴があります。

【保温性】

羊毛の縮れた毛はたくさんの空気を閉じ込めやすい構造になっています。閉じ込められた空気の層が体温などの暖かな空気を包み込み、冷たい外気をシャットアウトします。

【吸湿性】

天然繊維の中でも吸湿性はトップクラス。湿気を外に吐き出す力も優れています。その吸湿能力は化学繊維はもちろん、コットンさえも大幅に上回ります。羊毛のおかげでいつでもドライな寝心地が実現します。

【弾力性】

羊毛の繊維は直径約25ミクロン以下と細く、羊毛の密度は高く1cmに約3500本あります。また、羊毛にはバネのように縮れて波状になる性質があるため荷重がかかっても元に戻ります。

 

マルチラスダブルデッキスプリングマットレス

スプリングの形状はマルチラススーパースプリングマットレスと同じ形状で、これを2段に重ねることでこれまでのマットレスよりもさらにクッション性と耐久性を高めています。

上スプリングで衝撃を吸収し、下スプリングで荷重を分散させる2重構造です。

 

マットレスの選び方まとめ

マットレスの構造は、次の三つの層からなっています。

  1. 肌に直接接するソフトな層
  2. スプリングのバネの衝撃をやわらげ、寝ている間にかいた汗などを吸湿・放湿をする層
  3. 寝転んだ際に身体を支えて、寝ころんだ姿勢を正しく保つ層

この三つの層は、商品によってコイル数や巻き方、コイルの密度、詰め物の種類などに違いがあり、それがマットレスの価格差となっています。低価格のものはそれなりの耐久性・寝心地であると考えるのが妥当です。

また、スプリングに関しては、一般的にコイル数や巻き数が多いほど、また、密度が高いものほどグレードが高くなるのですが、マットレスの中には、見かけは値段の高い新素材が使われ、詰め物は何層も厚くなっているけれど、スプリングの低品質をソフトな詰め物でごまかしているような粗悪なマットレスもありますから注意が必要です。

スプリングのコイル数や詰め物については、マットレスについている「家庭用品品質表示法に基づく表示」で確認できるので、マットレスを選ぶ際には、詰め物とスプリングのバランスを見ることが重要といえます。

 

 

ベッドを選ぶに当たって、イメージから選びたいという方は下記からベッドを選ぶ方法もあります。

 

テキストのコピーはできません。